初心者のギター上達法@情報館 | コード・ギター教室・練習法など

初心者ためのギター購入ガイド

これからギターを始める初心者の皆さんにとって、「どんなギターを購入するべきか?」が最初にやってくる悩みですね。ギターショップに行くと、こちらが社会人だと分かると積極的に「値段の高いギター」を勧めてきますし、正直言って「初心者用のギター」というのは個人の好みによって大きく異なるんですよ。したがって、店員さんに「初心者用のギターを…」と聞いても、適切なアドバイスをしてくれるケースは決して多くないと思ってください。

自分に合った初心者用のギターは、やはり自分で見つけるしかありません。そこで、「万人に共通する」とまでは言えませんが、「初心者のためのギター購入ガイド」として基本的なポイントを知っておきましょう。

まず値段ですが、新品なら「5万円前後」、中古ギターなら「3万円前後」を目安にしておきましょう。時々、ギター雑誌の裏表紙などに「1万円!」などのギターの広告を見ますが、さすがにこれはやめておいた方が良いと思います。私も以前、ためしに購入したことがあるのですが、ギター本体の強度がとても弱く、初心者の乱暴な扱いに耐えられるものではありませんでした。すぐにネックが曲がってくるし、これでは正しい音の感覚も身につかないと思いますよ。

初心者にオススメのアコースティックギターのブランドとしては「モーリス(Morris)」がありますね。昔のモーリスは、「安いけど品質が悪い」というギターで有名でしたが、今のモーリスは品質もそこそこ良く、また値段もお手頃で「持ちやすさ」もあるため、初心者には「うってつけ」のギターと言えるかもしれません。また、ネックが細く、少し角ばったネックデザインがお好みなら、「Takamine」も良いかもしれません。日本ブランドの「Takamine」は、中級レベルの愛用者も多く、アコースティックらしい音質が特長ですよ。

エレキでは「フェルナンデス」が最も初心者には扱いやすいギターだと思います。値段も手ごろで持ちやすく、カスタムが容易なのもうれしいですね。また、「Bacchus」というブランドもオススメです。値段の割に音がよく、強度も申し分ないので多少乱暴に扱っても大丈夫だと思いますよ。

いかがですか?少しは購入の参考になったでしょうか?ポイントは、「店員が勧めてくるギターは疑え!」ということです。向こうも商売ですしね。そりゃあ、高いギターを買ってもらいたいんですよ。


[PR]・薬剤師がクリニックで働きたい時に見て欲しいサイト




▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 初心者のギター上達法@情報館 | コード・ギター教室・練習法など All Rights Reserved.