初心者のギター上達法@情報館 | コード・ギター教室・練習法など

エレキとアコギ

「ギターを始めたいけど、アコギにするべきか、あるいはエレキにするべきか…」で悩んだことは、皆さんもあると思います。私も始めてギターを購入するときはそうでした。エリック・クラプトンに憧れていたものの、エリックはアコギもエレキも両方使うんですよね。そこで、エリック・クラプトンの中でも最も好きだった「アンプラグド」を参考に、私が最初に買ったのはアコギの方でした。

さて、「アコギorエレキ」で悩む人は多いと思いますが、正直な意見を言えば「どちらでも良い」ということになります。無責任な言い方になるかもしれませんが、それは完全に「個人の自由」です。しかし、エレキを購入する場合は、最初のうちはギター以外のグッズはあまり買わないようにしておきましょう。

お金に余裕のある人は、エレキを買う時に「アンプ」や「エフェクター」など、使いこなせないのに購入する人がいますが、それはあまりオススメできません。最初はギター本体と小さなアンプだけを購入しておけばOKです。初心者の頃は、どんな音がカッコいいのかも分かりませんし、「少しでもカッコいい音を追求して」ということもないでしょう。したがって、これらの感覚が生まれてきてから、アンプなどの音響機材を購入しても遅くはないんですね。

また、エレキを購入する場合、「ギター本体」とアンプとギターをつなぐ「コードライン」だけを購入することも賢い方法だと言えます。たとえば、自宅の音楽プレイヤーなどには「インプット」という「差し込み口」があると思います。ここに「コードライン」をつないで、ギターの音を自宅の音楽プレイヤーから流すのです。こうすると、音の調整はアンプほど細かくは出来ませんが、まさにライブ感覚でエレキを楽しむことも出来ます。夜でも「ヘッドフォン」をつければ外に音は漏れませんので、夜中に「ノリノリ」でエレキを楽しむことも出来ますよ。

エレキギターは、その他の音響機材が豊富にあるため、全部そろえるとどれだけお金があっても足りません。したがって、初心者の頃は必要最低限の機材だけを購入して、音への追及がしたくなった時点で周辺機材の購入を検討しておきましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 初心者のギター上達法@情報館 | コード・ギター教室・練習法など All Rights Reserved.