初心者のギター上達法@情報館 | コード・ギター教室・練習法など

正しいフォームとは?

ギターを購入したらさっそく手に持ってみましょう。ギターの上達への第一歩は、「正しいフォームを身につけること」から始まります。たいていの方は自然と正しいフォームになるのですが、中には「ぎこちないフォーム」がそのまま固定してしまう人もいますので、ぜひここで正しいフォームについて勉強してください(ここでは右利き用のギターとして解説します)。

まず、ボディ中央部の「へこんでいる部分」を「右足の太もも」にのせます。このとき、出来るだけ背筋は伸ばしておきましょう。初心者の頃は、どうしてもフレットを見ながら練習することになりますが、これに慣れてしまうと「猫背」がクセになってしまい、上半身が窮屈な状態で演奏することになります。これでは長時間の練習で疲れやすくなり、日常生活の姿勢も悪くなりますので、フレットを見ながら練習する時も出来るだけ背筋を伸ばすよう心がけておきたいものです。

つぎに「右手」のフォームを確認しましょう。女性の方など、体が小さい人であれば、どうしても右手の「脇」を開けて演奏してしまうことがあります。つまり、腕が半分上がった状態になっているということですね。これでは後々のアルペジオ・テクニックなどが覚えにくくなり、上級者向けの演奏が出来なくなる恐れがありますので、ぜひ脇は閉めて演奏するようにしておきましょう。もし、どうしても脇を閉めて窮屈に感じるなら、ボディの小さいギターを購入しておけばOKです。ギターショップでいくつかのギターを持ってみて、脇を閉めても窮屈に感じないサイズのものを選んでおくと効果的ですね。

最後に左手ですが、こちらも脇を閉めて演奏することをオススメします。脇を開けてしまうと、「F」や「B」などのコードが抑えにくくなってしまい、「挫折」という結果に終わってしまうこともあるのです。

「背筋を伸ばす」、「両腕の脇を閉める」、この2点を理解しておけば、自然と正しいフォームが固まると思います。フォームはその後の上達のスピードにかかわる大切なことですので、ぜひ正しい形を身に付けてくださいね。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 初心者のギター上達法@情報館 | コード・ギター教室・練習法など All Rights Reserved.