初心者のギター上達法@情報館 | コード・ギター教室・練習法など

最初はエクストラ・ライト弦から始めてみよう!

ギターは、一般的にはすでに弦が張られている状態で売られており。それを私たちは購入することになります。しかし、購入後の練習で弦が劣化したとき、この時は私たちが自分で張り変える必要がありますね。ギターショップの人に頼んで張り替えてもらう方法もありますが、手数料などが必要になる場合が多く、やはり自分で張り変えられるようになっておきましょう。

さて、弦を張り変えるには当然ですが「新しい弦」が必要になります。ギターショップをのぞくと、本当にたくさんの弦が売られていますね。初心者のころはどれを選べばよいのか、迷ってしまいそうです。

どれを選ぶかは個人の自由ですが、あまり安い弦を購入するのは控えた方が良いでしょう。値段の安さは魅力的ですが、やはり劣化が早く、ちゃんと手入れをしていないと音もどんどん悪くなっていってしまいます。そこで、「1セット1000円」程度の弦を購入しておけば問題ないと思います。

もう1つ、初心者の弦選びで気をつけたいことが「弦の太さ」です。ギターの弦には太さがあり、初心者であればコードを押さえる力も弱いと思いますので、最も細い「エクストラ・ライト弦」を購入しておきましょう。これなら抑える力も少なくて済みますし、長時間の練習でも指が痛くなることを防ぐことが出来ます。

さて、ここで1つ私の「オススメ弦」を紹介しておきましょう。私が初心者の頃から愛用している弦なのですが、「マーチン」の「ライト弦」です。マーチンは、アコースティック業界では最も有名なブランドの1つであり、その弦が作り出す音は「張り詰めるように透き通っている」という感じです。私が使用しているのは「ライトゲージ(ライト弦)」ですが、マーチンからは「エクストラ・ライト弦」も出ていますので、初心者の方はこちらを選んでおけば問題ないでしょう。また、エレキを演奏している人は、「フェンダー」の弦がオススメですね。フェンダーは、ギター本体も販売していますが、「ギター周辺のアイテム」が充実しているブランドでもあります。初心者であれば、「フェンダー弦」の最も細いゲージを選んでおけば、劣化をあまり心配することなく、思いっきり練習に励むことが出来るでしょう。


当サイト人気コンテンツ

正しい「フォーム」とは?
ギターを購入したらさっそく手に持ってみましょう。ギターの上達への第一歩は、「正しいフォームを身につけること」から始まります。たいていの方は自然と正しい・・・続きを読む

機材の購入について
ギターを購入して練習していると、どうしても「周辺機材」が欲しくなるんですね。特にエレキの場合はそうです。アンプにこだわったりエフェクターを集めて、色々な・・・続きを読む

「ピックテクニック」を覚えよう!
ピックを使った様々なテクニックを覚えましょう。ピックは、ストロークをするためだけのものではありません。ピックを使ってアルペジオをする「ピッキングアルペジオ・・・続きを読む



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 初心者のギター上達法@情報館 | コード・ギター教室・練習法など All Rights Reserved.