初心者のギター上達法@情報館 | コード・ギター教室・練習法など

独学には限界がある!?

ギターを始める人のほとんどが、最初は「独学」で練習されると思います。「基本的なコード」や「ストロークのパターン」、「アルペジオ・テクニック」、また、その他の「ピックテクニック」など、ある程度の練習は自分でできますし、独学で練習することが悪いとは思えません。しかし、やはり独学には「限界」があると考えておきましょう。

たとえば、テレビやPV(プロモーションビデオ)などをみていて、プロが出す音やテクニックなど、どうしても出来ないことがありますよね。これがまさに独学の限界ラインです。テレビやPVなどでは、多少の演出と音声調整が行われていますが、それでも私たちが自宅で奏でるギターのサウンドとは「天地の差」があります。この「天地の差」を少しでも埋めるためには、やはりギター教室に行って練習することも大切と言えるのです。

しかし、まったくの初心者の頃からギター教室に通うのは得策ではありません。前述の通り、独学でもある程度のレベルまでは上達します。そして、その限界ラインまで上達したら、「あぁ、このへんが独学の限界かな・・?」と自然に感じるようになります。そのタイミングこそ、ギター教室に通うタイミングと言えるのです。

ギター教室に通っておられる人であれば、「独学では出来ないことを、ギター教室で知ることができた」と実感しておられる人も多いことでしょう。また、そのような専門的な理論や技術は、初心者の頃に知る価値はあまりなく、ある程度上手になったところで知って、初めて価値が出てくるものなんですね。

したがって、いきなりギター教室を探すのではなく、まずは自分ひとりで練習を始めて、「独学の限界点に達した」と感じた時に、教室を探すようにしておけばOKです。


[スポンサードリンク]
ミュゼの光脱毛を体験しよう!
脱毛エステで人気No.1はテレビコマーシャルでもおなじみのミュゼです!初回体験の申込みをしてみよう!



当サイト人気コンテンツ

正しい「フォーム」とは?
ギターを購入したらさっそく手に持ってみましょう。ギターの上達への第一歩は、「正しいフォームを身につけること」から始まります。たいていの方は自然と正しい・・・続きを読む

機材の購入について
ギターを購入して練習していると、どうしても「周辺機材」が欲しくなるんですね。特にエレキの場合はそうです。アンプにこだわったりエフェクターを集めて、色々な・・・続きを読む

「ピックテクニック」を覚えよう!
ピックを使った様々なテクニックを覚えましょう。ピックは、ストロークをするためだけのものではありません。ピックを使ってアルペジオをする「ピッキングアルペジオ・・・続きを読む



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 初心者のギター上達法@情報館 | コード・ギター教室・練習法など All Rights Reserved.